SDGsブランディング

SDGs取り組みの企業事例

SDGsに取り組まないことがリスクになる時代です

企業実績

■client

株式会社東北工材

業 種/フィルター洗浄・販売、設備・工事・管理メンテナンス

 

プロジェクト名/KOZAI  SDGs  真室川からできること

 

プロジェクト期間/2019年開始 常時更新、進行中

 

SDGs内容/社員全員参加のセミナー、ブランドブック(事業とSDGs案内小冊子)、コミュニケーションブック(事業とSDGs Vol.2)

 

ストーリーボード作成、SDGsレポート作成、SDGs宣言、オリジナルマーク作成、ホームページ、営業販促用タブレット

創業時より地元地域の自然環境と地域の雇用を考え、「社員とお客様を大切にする」を企業理念としています。フィルター洗浄事業は、これまで廃棄処分されていたフィルターを洗浄して循環させることで、早くから環境問題に取り組んでいます。地元を愛し、社員を大切にし、お客様には誠実に期待以上のサービスを提供していくためには、持続していくことが最大のサービスと考えている企業です。守ことと進むこと、循環していくシステムをつくること、さまざまな取り組みが進行し、内外に発信しています。

 

株式会社東北工材様は自然豊かな真室川町にあり、地域にこだわり続ける企業です。お取引先は全国の大手企業です。都会目線、大企業目線で見たら、「田舎の小さな企業がこんなことを考えて実行しているのか」と驚かれます。

東北工材のSDGsの取り組みと地域、山形県、真室川町をピクト化したオリジナルマークです。2030に目指すゴールのマークもあります。社長の想いを形にすること、そこに到までの物語をつくること、発信することが弊社の仕事です。

SDGsレポート

企業のSDGsに取り組み事例
企業がSDGsに取り組む4つのメリット
企業のプランディング 強み、特徴をPRできる

 自社を見直すことで、強みが明確になる。それがブランディングになり、企業の存在意義。価値として内外に発信していく。

会社の課題がわかり 経費を見直せる (共通価値の認識)

社内のムダ・ムラ・ムリがみつかることで、経費を見直し、その分を新規事業や新商品開発に活かせる。社員の意識も変わる。

SDGs は世界共通語 家庭で子どもとの 話題共有

SDGsは小中高の授業で取り入れられている。SDGsの取り組みは子どもとの共通話題となり、親の会社の取り組みを話すことで親の会社、仕事を認識することにもつながる。また、SDGsを学んだ子どもが社会に出てくるのはもうすぐそこまで来ている。

社員の視野が広がり 世界に目を向け 未来をつくっている

社員が自分ごとに落とし込むことで、会社への意識、他部署との理解、コミュニケーションに活用できる。

たとえ小さな取り組みであっても、その取り組みを継続することは会社を持続していくことであり、地球、世界の未来をつくることである

SDGs取り組みのステップについて

SDGsブランディングについて

Address

〒990-2473 山形市松栄1-3-8

       山形県産業創造支援センター205号

       tel・fax : 023-646-5222

       e-mail : info@linkship.jp

LinkShipについて

所在地・地図

Eメール

山形文庫について

COPYRIGHT(C)2017 LinkShip. ALL RIGHTS RESERVED.

SDGsブランディング

SDGsに取り組まないことがリスクになる時代です

株式会社東北工材
企業がSDGsに取り組む4つのメリット
企業のプランディング 強み、特徴をPRできる
会社の課題がわかり 経費を見直せる (共通価値の認識)
SDGs は世界共通語 家庭で子どもとの 話題共有
社員の視野が広がり 世界に目を向け 未来をつくっている
企業のSDGsに取り組み事例
Address
SDGsブランディング
株式会社東北工材
企業がSDGsに取り組む4つのメリット
企業のプランディング 強み、特徴をPRできる
会社の課題がわかり 経費を見直せる (共通価値の認識)
SDGs は世界共通語 家庭で子どもとの 話題共有
社員の視野が広がり 世界に目を向け 未来をつくっている
企業のSDGsに取り組み事例
Address
SDGsブランディング
株式会社東北工材
企業がSDGsに取り組む4つのメリット
企業のプランディング 強み、特徴をPRできる
会社の課題がわかり 経費を見直せる (共通価値の認識)
SDGs は世界共通語 家庭で子どもとの 話題共有
社員の視野が広がり 世界に目を向け 未来をつくっている
企業のSDGsに取り組み事例
Address